フランクフルトにバイエルン会長が反論 「早く彼らが後任を見つけられるようにと」

バイエルンのヘーネス会長 photo/Getty Images

コバチ就任報道を巡りフランクフルトは怒りを示していたが……

先日、バイエルンは来季から現フランクフルト指揮官ニコ・コバチがユップ・ハインケスに代わってチームを指揮することを発表した。ハインケスの退任とコバチの就任をシーズン終了前に発表する形となったわけだが、フランクフルトのディレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏は大事なシーズン終盤に発表するのは適切ではないとバイエルンのやり方に反発していた。

そのフランクフルトは今節レヴァークーゼンに1-4で敗れており、少しはコバチ退任報道の影響があったかもしれない。フランクフルトは欧州カップ戦出場権を争っているのと同時に、DFBポカールも準決勝が控えている。コバチの退任報道で選手たちを混乱させてほしくないというのが本音だ。

しかし独『sky SPORTS』によると、バイエルンのウリ・ヘーネス会長は自分たちのやり方は適切なものだったと反論。むしろフランクフルトを考えての行動だったとアピールしている。

「ボビッチの発言はとんでもない。我々はプロフェッショナルだったよ。コバチの契約条項に基づいてのものだ。我々はフランクフルトが出来るだけ早く後任を見つけられるように意図的に伝えたんだ」

シーズン終了前に動くことで、フランクフルトにコバチの後任を探す時間を作ったというのがバイエルン側の主張のようだ。双方とも受け取り方は異なるが、フランクフルトはこのショックを乗り越えられるか。



記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ