準々決勝で激闘のユーヴェとレアル相手に大健闘 ポチェッティーノは自信深める「達成感を覚えたよ」

トッテナムを指揮するポチェッティーノ photo/Getty Images

トッテナムは両チームと互角に渡り合った

チャンピオンズリーグ準々決勝のレアル・マドリードVSユヴェントスは歴史に残る激闘だった。両チームとも非常にレベルが高く、昨季のファイナリスト同士の戦いにふさわしいものだったと言えよう。そしてこのゲームで手応えを掴んだのが、トッテナムを指揮するマウリシオ・ポチェッティーノだ。トッテナムは今季グループステージでレアルと対戦し、アウェイではドロー、ホームでは3-1の勝利を収めている。

ユヴェントスとは決勝トーナメント1回戦で対戦し、2戦合計3-4の激闘の末に敗れた。2ndレグではマッシミリアーノ・アッレグリの戦略勝ちとなったが、トッテナムも勝利に近づいていた。互角の戦いだったと言っていいだろう。

伊『Calciomercato』によると、ポチェッティーノは「ユヴェントスは良いゲームをしたね。レアルより良かったよ。世界最高の2チームと対等に戦えたことに達成感を覚えたよ」とコメントしている。

今回トッテナムはベスト16で敗れてしまったが、チームは間違いなく成長している。今季のユヴェントスとレアルとの激闘から手応えを掴むことができたはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ