カップ戦決勝で悲劇の”ループオウンゴール”! 87分にまさかの形で決着[映像アリ]

オウンゴールで決着するまさかの展開 photo/Getty Images

信じられない幕切れ

決勝でこのような幕切れを迎えるとは、何とも残酷だ。メキシコ国内のカップ戦コパMX決勝が12日に行われ、クルブ・ネカクサとトルーカが対戦した。試合は終盤まで0-0と緊迫した状態で進んでいたのだが、87分に悲劇が起こる。

ネカクサがロングボールを前線に送ると、これをトルーカDFサンティアゴ・ガルシアが右足でクリア。それほど難しいボールではなかったためイージーに処理できたはずだが、このクリアボールが前に出ていたGKの頭上を越えるループオウンゴールに。GKとしては相手のロングボールを自分で処理する考えだったのかもしれないが、味方の思わぬ珍クリアで悪夢のオウンゴールが起きてしまった。

結局これが決勝点となり、1-0でネカクサが勝利。87分のオウンゴールで決着する残酷な結末となり、英『FourFourTwo』も「悲劇的なミスによってコパMXが決した」と伝えている。それほど難しいシチュエーションでもなかったため、クリアミスをしてしまったガルシアとしては悔やまれるところだろう。



参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ