まさに阿吽の呼吸! アグエロ&ギュンドアンの”黄金連携”を見よ「アイコンタクトがあった」[映像アリ]

得点を喜ぶギュンドアンらマンCの選手たち photo/Getty Images

2分で逆転

今季のマンチェスター・シティではダビド・シルバとケビン・デ・ブライネが中盤で強烈な存在感を放っているが、さらに恐ろしいのはイルカイ・ギュンドアンもいることだ。6日のFA杯・バーンリー戦では、ギュンドアンがセルヒオ・アグエロのゴールを2つともアシストしている。

1点目はフリーキックのチャンスを得ると、ギュンドアンが相手の隙を突いて素早くリスタート。アグエロもこれに反応しており、バーンリー守備陣は全く準備ができていなかった。2点目はアグエロのパスを受けたギュンドアンがヒールで後方に流し、それをアグエロが冷静に決めたものだ。わずか2分間でマンCはギュンドアンとアグエロのコンビで逆転してみせた。

英『sky SPORTS』によると、ギュンドアンはアグエロとの間に阿吽の呼吸があったと手応えを口にしている。どちらのゴールにも特別なアイコンタクトがあったようだ。

「タイミングはパーフェクトだったね。2点目の場面ではセルヒオが僕にパスを出し、僕は彼が走り出すのを待っていたんだ。あのパスは通ると確信があったよ。幸運なことに2つのプレイが得点に繋がり、2-1に出来たのは重要。あのあとは自信を取り戻し、ボールをキープして良いプレイが出来るようになったね。もう2ゴール決めることができたし、結果には満足だよ」

「フリーキックの場面ではセルヒオとアイコンタクトがあった。彼があのようなシチュエーションで素早くリスタートするのが好きと分かっていたからね。アイコンタクトで彼が走ると確信したし、僕はパスを出すしかなかった。あのプレイが認められたのは幸運だったし、正しかったと思う。僕たちは相手よりも早く反応したんだ」

ダビド・シルバ、デ・ブライネ、さらにはギュンドアンまで控えているとなると、マンCの攻撃が機能する理由も頷ける。この攻撃を90分間抑え込めるチームは世界的にもほとんど存在しないだろう。






参照元:youtube twitter

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ