マテュイディ、カリアリ戦で人種差別の被害に「弱い人々は憎しみで威圧しようとする」

人種差別の被害にあったマテュイディ photo/Getty Images

SNSで人種差別を受けたことを告白

ユヴェントスは6日、セリエA第20節でカリアリとアウェイで対戦。フェデリコ・ベルナルデスキのゴールでスコアを1-0とし、リーグ戦で4連勝を飾った。

この一戦でスタメンに名を連ね、フル出場を果たしたフランス代表MFブレイズ・マテュイディが、試合後に自身の公式Facebookを更新すると、カリアリ戦で敵サポーターから人種差別を受けたことを告白。フランス語、イタリア語、英語の3つの言語で「僕は今日の試合で人種差別を経験した。弱い人々は憎しみで威圧しようとする。僕は悪い例の彼らを憎んだりはしないし、気の毒にさえ思うよ。フットボールは平等、情熱、インスピレーションを広める手段だからね。だから僕もここにいる」と綴り、最後に「平和」というハッシュタグをつけて投稿している。

カリアリは昨季終盤に行われたペスカーラ戦でも、一部のサポーターが元ガーナ代表DFサリー・ムンタリに対して人種差別的なチャントを行い、心無い行動が問題視されていた。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ