これぞクロップ流”超ショートカウンター”! サポーターも絶賛「これがフィルミーノが愛される理由」[映像アリ]

サポーターが評価するフィルミーノ photo/Getty Images

リヴァプールらしいサッカー

これぞユルゲン・クロップが求めるサッカーだ。

26日にスウォンジーと対戦したリヴァプールは、前半6分にフィリペ・コウチーニョの得点で先制した。コウチーニョのシュートも美しかったが、何よりサポーターが評価しているのは最初に高い位置でボールを奪ったFWロベルト・フィルミーノの働きだ。

この場面ではフィルミーノが中盤まで下がって相手を追いかけ、やや強引にボールを奪取。ファウルの笛は吹かれず、フィルミーノはそのボールをシンプルにモハメド・サラーへパス。サラーもワンタッチでコウチーニョに展開し、コウチーニョもそれをトラップしてからすぐに蹴り込んだ得点だった。クロップのチームらしい超ショートカウンターだ。

英『GIVE ME SPORTS』によると、この得点にサポーターからはコウチーニョのシュート以上にフィルミーノの貢献度を称賛する声が相次いでいる。

「素晴らしかったのはフィルミーノもだ。プレスをかけ、サラーにパスをした」

「これがフィルミーノの愛される理由だ!彼のボール奪取はチームに必要不可欠なものだ」

「またフィルミーノが泥臭い仕事をした。プレスバックし、ボールを奪ってコウチーニョまで繋いだ。彼が2900万ポンドとは、バーゲンだね」

フィルミーノはトッテナムFWハリー・ケインほどゴールを量産する選手ではなく、純粋なセンターフォワードと呼べるタイプでもない。しかしクロップのチームには欠かせない存在で、サポーターもその重要性を理解しているようだ。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ