首位ドルト、痛恨の2戦連続足踏み…… 長谷部の“スーパーブロック”も飛び出しフランクとドロー

ゴール前で身体を張る長谷部 photo/Getty Images

ドルト、2点リードも守りきれず……

21日にブンデスリーガ第9節が行われ、日本代表MF長谷部誠らを擁するフランクフルトが同代表MF香川真司を擁するドルトムントをホームへ迎え入れた。なお、この試合で長谷部はスターティングメンバーに名を連ね、鎌田大地はベンチ外、香川はベンチスタートとなっている。

試合は、19分に動く。攻撃を畳み掛けるドルトムントは、マルク・バルトラのシュート気味の右クロスを中央へ走りこんだヌリ・シャヒンが合わせ、先制に成功した。しかし、その後はなかなかスコアが動かず、ドルトムントが前半をリードして折り返す。

後半に入ると、57分にショートカウンターから、マリオ・ゲッツェのスルーパスを受けたマキシミリアン・フィリップがドリブルで持ち込み、エリア手前から左足を振り抜く。これがGKの手をかすめ、右サイドネットへ吸い込まれた。この直後、ゴンサロ・カストロに代わって香川が途中出場を果たしている。

リード広げたドルトムントがこのまま試合を優位に進めるかと思われたが、フランクフルトもホームの意地を見せる。64分、アンテ・レビッチがエリア内で倒されPKを得ると、これをセバスティアン・ハラーが落ち着いてゴール右に決め、1点返す。さらに4分後の68分、絶妙なスルーパスによりエリア内へ侵入したマリウス・ヴォルフがゴール左に流しこみ、スコアをタイに戻した。

その後、GKのカバーに入った長谷部がゴールライン上でスーパーブロックを見せるなど、両チームともにネットを揺らすことはできず。フランクフルトとドルトムントの一戦は、2-2のドローで試合終了のホイッスルを迎えている。

この結果、7位フランクフルトの連勝は「2」でストップも、3試合負けなし。一方、首位に立っていたドルトムントは前節敗れたRBライプツィヒ戦に続いて、2戦連続で足踏みをすることとなった。

[スコア]
フランクフルト 2-2 ドルトムント

[得点者]
フランクフルト:ハラー(64)、ヴォルフ(68)
ドルトムント:シャヒン(19)、フィリップ(57)


記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ