ノイアーはGKに”革命”を起こした セービング能力、キック精度、守備範囲を改めて絶賛

バイエルンのノイアー photo/Getty Images

GKへの要求は高くなった

これまでサッカー界には革命を起こした選手たちがいた。サッカーの考え方を変えた故ヨハン・クライフ氏や、現代でもバルセロナFWリオネル・メッシなどがそうだろう。そんな中でブンデスリーガ公式サイトは、GKというポジションに革命を起こした選手としてバイエルンのマヌエル・ノイアーを改めて称賛している。

ノイアーの出現でGKへの見方が変わったのは間違いなく、要求されるレベルも高くなった。もはやシュートストップに優れるだけでは満点評価とはならず、ノイアー同様にあらゆる能力を兼ね備えていなければならない。まずはキック精度だ。GKも攻撃の出発点として正確にパスをつなぐことが求められており、味方からのバックパスをしっかり捌かなければならない。ノイアーもジョゼップ・グアルディオラから高い要求をされたことで精度が増し、同時にゲームビジョンも養われている。ビルドアップに新たな概念が生まれてきたのは間違いないだろう。

そして何より特筆すべきはその守備範囲の広さだ。ノイアーはドイツ代表とバイエルンで高く設定された最終ラインの裏のスペースをカバーする役割を担っており、現代のGKにはこの能力も求められる。同サイトはノイアーこそ「スイーパーGK」を生んだ選手と称賛しており、GKの守備範囲の考え方も大きく変わった。一見ゴールから飛び出すのはリスキーな行為にも思えるが、これを正確にこなすGKがいれば戦術の幅は広がってくる。同サイトは2014ブラジルワールドカップのドイツ代表VSアルジェリア代表の一戦が良い例と紹介しており、ノイアーは何度もゴールから飛び出して相手のカウンターの芽を摘んでいた。これもGKに求められる能力となった。

もちろんシュートストップも肝心で、同サイトは昨季ケルン所属の日本代表FW大迫勇也のヘディングシュートを弾き出したプレイなどを挙げてノイアーの瞬発力や技術の高さを称賛している。シュートを止め、正確にパスを繋ぎ、守備範囲も広い。そして主将を務められるほどのリーダーシップも求められ、GKの仕事はどんどん多くなっている。GKの基準を高くしたという意味で、ノイアーはこのポジションに革命を起こした選手と言っていいだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ