“1億1200万ユーロ”かけても成功せず スペイン紙「バルサはシャビの代役見つけていない」 

バルセロナの司令塔務めたシャビ photo/Getty Images

近年の補強は空振り?

「バルセロナは司令塔シャビ・エルナンデスの代役を見つけることができていない」こう指摘したのはスペイン『MARCA』だ。

シャビは2015年夏にバルセロナを離れ、クラブはそれ以降実に1億1200万ユーロも使って中盤の強化に動いてきた。しかし、今のところ成功と呼べる補強は少ない。アルダ・トゥラン、アンドレ・ゴメスの2人はリーガ・エスパニョーラでプレイした経験を持っていることもあって期待されていたが、パフォーマンスのレベルは決して高くない。今夏には放出されるとの話題も出たほどで、戦力になったとは言い切れないだろう。

デニス・スアレスもポジションを確保できていない状態で、中盤のトリオはイヴァン・ラキティッチ、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツと変わりない。今夏には中国の広州恒大からブラジル代表MFパウリーニョを4000万ユーロもの移籍金で獲得したが、同メディアは「ヴェッラッティやセリなど他の名前が挙がる中、違う選手が到着した」と伝えており、パウリーニョが今のバルセロナに絶対必要なタイプのMFだったかは微妙なところだ。

シャビの後継者として数年前から名前が挙がっていたのはパリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェッラッティで、他にはシャビ自ら認めたニースのジャン・セリもいる。近年のバルセロナは縦に速いフットボールを展開するようにはなっているが、やはりゲームをコントロールできるシャビのような選手がいないのは気にかかる。代役を見つけるのは簡単ではないが、1億1200万ユーロもの大金をかけた中盤補強が上手くいっているとは言えないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ