バイエルン、“シャビの後継者”と2021年まで契約延長 バルサ復帰の可能性は潰えた?

チアゴ・アルカンタラ、バイエルンと長期契約

ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンは28日、26歳となるスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラとの契約を2021年6月30日まで延長したと発表した。

バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲCEOは「チアゴはヨーロッパ最高のミッドフィルダーで、そのため最も熱望されるミッドフィルダーの一人だ。彼のような比類ない選手と長期的な契約を結ぶことができ、非常に満足している」とコメントした。クラブの公式サイトが伝えている。

そしてチアゴ自身も「将来的にはバイエルンとともにたくさんのタイトルを獲得したい」と意気込む。バルセロナの下部組織出身のチアゴは、2013年夏、恩師ジョゼップ・グアルディオラとともにバイエルンに加入。右ひざじん帯を負傷して苦しんだ時期もあったが、ドイツでは高い評価を獲得している。

バルセロナが“バルセロナらしい”パスワークを復活させるためにも、シャビの後継者と呼ばれたチアゴ・アルカンタラの復帰を望む声も多く、夏の移籍市場で獲得を狙うと噂されるも、現状に不満のないチアゴはバイエルン・ミュンヘンとの長期契約を選んだようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ