UEL出場権を争う乾所属のエイバル、会長絶賛の指揮官が来季も続投!「我々が行えるベストな契約」

「エイバルが抱えられる最高の監督」

「エイバルが抱えられる最高の監督」

契約を延長したメンディリバル監督 photo/Getty Images

MF乾貴士が所属するエイバルは10日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督との契約を1年延長し、来季まで指揮を執ることで合意に至ったと発表した。

現在56歳のメンディリバル監督は、2015年に自身にとって2度目となるエイバルの指揮官に就任。2年目となる今季は、リーガ・エスパニョーラ第31節を終えた時点でエイバルを7位へ導いており、飛躍を遂げるチームの立役者となっている。そして直近の3連勝で、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位につけているレアル・ソシエダと勝ち点差を2ポイントまで縮めており、欧州舞台への切符が手の届く位置まできている。

そんなメンディリバル監督について、クラブの会長を務めるアマイア・ゴロスティサ氏が公式サイトを通じて「おそらく、これは私たちが行えるベストな契約。ホセ・ルイスは今のエイバルが抱えられる最高の監督だからね。双方が合意するのは決して難しいことではなかった」と契約延長の喜びを語った。

はたして、エイバルはメンディリバル監督のもとで、ヨーロッパリーグの出場権を獲得することができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ