レアルの9番が批判のターゲット! なかなか得点決めない姿にサポーター88%がベンチ行きを要求

サポーターから信頼されず

サポーターから信頼されず

なかなか得点決められないベンゼマ photo/Getty Images

2017年に入ってから調子が上がらないレアル・マドリードでは、2人の選手に批判が集中している。1人はGKのケイロル・ナバスだ。些細なミスではあるものの、15日のセビージャ戦では微妙なポジションのズレからステファン・ヨヴェティッチに得点を許してしまった。正面に構えていれば取れたはずとの意見もあり、守護神に納得していないサポーターもいる。

そしてもう1人はFWカリム・ベンゼマだ。ベンゼマはリーグ戦ではここ7試合で1得点しか決めていない状態で、DFセルヒオ・ラモスより得点数が少ないことが批判されている。2-1で勝利した前節のマラガ戦でも決定機を決めきれず、どこかスッキリしないパフォーマンスが続いている。

この状況にサポーターも怒りが溜まっている。スペイン『as』が行なったアンケート調査によると、実にサポーターの88%が29日のレアル・ソシエダ戦でベンゼマをスタメンから外してほしいと答えている。ベンチにはアルバロ・モラタやマリアーノが控えており、ベンゼマはベンチスタートでいいとの判断だ。

昨季も何度かベンゼマのベンチスタートを望む意見が出たことはあるが、指揮官ジネディーヌ・ジダンは現在のベンゼマをどう見ているのだろうか。12月に日本で行われたクラブワールドカップでは結果を出して称賛されていたが、わずか1ヶ月程度で評価は急落してしまっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ