“C・ロナウド史上最悪” 最優秀選手賞3冠のスター、ゴールに嫌われ得点ペースが激減

平均スコア0.79に……

平均スコア0.79に……

不調の噂が漂うC・ロナウド photo/Getty Images

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、2016年、UEFA欧州最優秀選手賞、バロンドール(世界最優秀選手賞)、そして「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ」で年間最優秀選手賞を受賞して個人“3冠”を達成した。だが今シーズン得点を伸ばせず、数字だけで見るとレアル・マドリード加入後、史上最悪の得点ペースだとスペイン紙で話題となっている。

クリスティアーノ・ロナウドは今シーズン、公式戦24試合で19ゴールを記録し1試合平均で0.79ゴールしか決めていないことになるとスペイン『MUNDO DEPORTIVO』が伝えた。これまで7シーズンでの最高は2014-15シーズンで平均1.16点。加入初年度は平均0.94点でその後は常に平均1点以上をマークしていたが、加入2年目以降では今シーズン初めて平均1点を下回った。

ロナウドはEURO2016の決勝で左ひざを負傷したことから、UEFAスーパーカップと序盤の2試合を欠場し開幕に出遅れた。その後も万全のコンディションとは言えない状況が続いており、ロナウドにとって史上最悪の序盤戦となってしまったようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ