A・サンチェスの不満げな素振りも問題なし ヴェンゲル「みんなそれぞれのやり方がある」

全員が勝利を求めていると強調

全員が勝利を求めていると強調

ボーンマスと引き分けたアーセナル photo/Getty Images

3日のボーンマス戦を3-3の引き分けで終えたアーセナルは、試合終了直後にFWアレクシス・サンチェスが明らかに不満気な態度を取っていたことが話題となった。格下相手に勝てなかったこと、チーム全体のパフォーマンスに不満があったのだろう。

一方で後半ロスタイムに同点ゴールを決めたオリヴィエ・ジルーは、同点にも関わらず大喜び。これにはサポーターからも批判が出ていた。優勝を狙うクラブであれば、同点を祝うのではなく勝ち越し点を奪うために急ぐべきだろう。サンチェスの不満気な態度とは大きな違いがあるが、指揮官のアーセン・ヴェンゲルは何も問題がないと強調している。

英『METRO』によると、ヴェンゲルは勝利を望む気持ちは誰もが同じだと主張。フラストレーションを溜めていたのはサンチェスだけではないことを強調している。

「心配することはない。みんなそれぞれのやり方があるんだ。選手たちはフラストレーションを溜めていたよ。ドレッシングルームはハッピーなものではなかった。勝てなかったことにみんな不満気だった。勝利を求めるレベルに差など無いし、みんな勝ちたがっている」

優勝を求めているアーセナルにとって、勝ち点の取りこぼしは許されないことだ。ボーンマス戦は3点の先制を許したこと、ジルーの大喜び、サンチェスの不満気な態度など話題となるポイントが多い試合だったが、次の 試合から1つになって優勝を目指していけるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ