ジェラード、3部リーグ指揮官のオファーは事実 「あまりにも早すぎた」

オファーを断った理由を明かす

MLS(メジャー・リーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーを今季限りで退団する元イングランド代表スティーブン・ジェラードは、ミルトン・キーンズ・ドンズFC(英3部)の監督に就任するのではと噂されていた。

ジェラードは英『BT Sport』のインタビューでオファーが合ったことは事実だと認め、その申し出を断ったことを明かした。MKドンズはカール・ロビンソン監督と入れ替わる形で、ジェラードに指揮官に就任するオファーを申し出ていた。ジェラードは「MKドンズのチェアマンの話を聞いた。誰にとってもエキサイティングな仕事だと思う。だが自分にとってはあまりにも早すぎるオファーだった。彼らと話したのは事実だよ」とコメントしている。

リヴァプールのレジェンドにはアンフィールドへの帰還が噂されるが、古巣で監督の勉強をすることになるのだろうか。36歳ジェラードの去就に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ