理想はリオネル・メッシ ”アーセナル流・偽9番”にサンチェス「メッシのプレイスタイルは好き」

中盤まで下がるタイプのFWに

中盤まで下がるタイプのFWに

アーセナルでプレイするサンチェス photo/Getty Images

今季アーセナルでセンターフォワードを任される機会が多いFWアレクシス・サンチェスは、ボールによく触りたがる選手だ。そのため、頻繁に中盤まで下がってボールを受けようとする動きが目立つ。それもサンチェスの良さなのだが、本人には理想としている選手がいるという。

英『sky SPORTS』によると、それはバルセロナでチームメイトだったFWリオネル・メッシだ。メッシも以前は偽9番と言われ、中央に位置しながら自由に動き回っていた。サンチェスもあのような動きを思い描いているようで、偽9番的役割が好きだと主張している。

「メッシのプレイスタイルは好きだよ。彼は中盤まで下がり、味方を自身より前に活かせることを好んでいる。ジョルディ・アルバや、ダニエウ・アウベス、僕なんかもそうだった。僕は右サイドで使われることが多かったけど、彼を見て中央にも入ったからね。完全な偽9番というわけではない。だけど僕はボールを追いかけるより、よりボールに絡む方が好きなんだ」

メッシは点取り屋でもあり、司令塔でもあった。サンチェスはあまり司令塔タイプではないが、崩しにも頻繁に絡んでいる。最近ではサンチェスが下がって右サイドのテオ・ウォルコットが中に入るシーンも多く、このあたりはかつてのバルセロナを思わせるところがある。

得点はもちろん、サンチェスのチャンスメイクもアーセナルが成功するための重要なカギとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ