デラップとも重ねられる強烈ロングスロー、増える海外組 U-23韓国を撃破したインドネシアは“アジアの強豪”となるのか

アルハンはA代表でもロングスローを投げている photo/Getty Images

パリ五輪出場へ王手

25日にU-23アジアカップ準々決勝でU-23韓国代表を撃破し、パリ五輪出場権獲得へ一歩近づいたU-23インドネシア代表。

過去の実績を考えれば、韓国の勝ち抜けを予想していた人の方が多かっただろう。しかしインドネシアがゲームのペースを握る展開となり、最終的にはPK戦で韓国を撃破してみせた。

この勝利からインドネシアの選手たちに注目が集まっており、その中には興味深いタレントもいる。
まずは韓国戦で2ゴールを挙げた21歳のFWラファエル・ストライクだ。オランダ出身のストライクは昨年にインドネシア国籍を取得しており、すでにA代表での戦いも経験している。現在はオランダ2部のADOデン・ハーグに所属しており、インドネシアにとって貴重な海外組というわけだ。

さらに前線では、グループステージ最終節のヨルダン戦で2ゴールを挙げた19歳のMFマルセリーノ・フェルディナンだ。フェルディナンも海外でプレイしており、現在はベルギー2部のKMSKダインゼに所属している。19歳ながらA代表でも22試合の経験があり、ウイングからセントラルMFまでこなすフェルディナンも同国注目のタレントとなっている。

少し変わった角度から注目されている選手では、左サイドバックに入る22歳のプラタマ・アルハンだ。東京ヴェルディに在籍していたこともある同選手の武器はロングスローで、これが想像以上の弾道で飛んでくる。フワリとした弾道ではなく、低い弾道で遠くまで飛ぶイメージだ。SNS上では、以前よりイングランドのストーク・シティで活躍したロリー・デラップと重ねる声も出ていた。

デラップもサッカー史上屈指と言われるロングスローの使い手で、バズーカのような弾道をペナルティエリアへ放り込む姿が人気を集めた。インドネシアはアルハンのロングスローから得点にも繋げていて、やはりロングスローへの対応は簡単ではない。

チーム全体の運動量も豊富で、ハードワークしながらロングスローも駆使してチャンスを作っていく。そして前線では海外でプレイする選手もおり、彼らの成長次第ではA代表もかなりの戦力となってくるかもしれない。アルハンのロングスローなどはパリ五輪でも話題を集めそうで、五輪を戦うインドネシアを見てみたいと考えているサッカーファンも増えてきているのではないか。

インドネシアはベスト4でウズベキスタンと対戦する予定で、これに勝てば五輪の出場権獲得だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ