“リヴァプールの魂”ジェラードが復帰か クロップ監督も「いつだって大歓迎」

英紙がコーチとして交渉中と報道

英紙がコーチとして交渉中と報道

ジェラード、アメリカでのプレイは今季限り? photo/Getty Images

MLSのロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが、アンフィールドに戻る日はそう遠くないのかもしれない。

英紙『EXPRESS』によると、ジェラードは正式に引退を発表していないものの、今年11月で契約満了を迎える。今後の去就が注目されるなか、リヴァプールは、元キャプテンがクラブに指導者として戻ってこれるよう交渉中だという。今後、どのような役職となるかは具体的に議論している段階で、アカデミーのコーチとして指導者のキャリアを歩むのではないかと見られている。

ユルゲン・クロップ監督もジェラードのリヴァプール復帰については、「スティーブン・ジェラードはいつだってリヴァプールから大歓迎を受けるだろう。スティーブンに居場所がないという心配はまったくない。100%きっと上手くいく」と語っており、ますます現実味を帯びている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ