アラバの万能性が仇となった? オーストリア監督「彼が点を取ってくれていればこんなことも言わない」

結果論とも

結果論とも

チャンスも作ったが photo/Getty Images

オーストリア代表を率いるマルセル・コラー監督はチームの中心選手であるMFダビド・アラバのパフォーマンスが敗戦に影響したと考えているようだ。

EURO2016グループF第1節、ハンガリーと対戦したオーストリア。格下との対決と考えられていたが、結果は0-2と敗れ、勝ち点を逃している。試合後、コラー監督はアラバのポジションに触れてコメントしている。米『ESPN』が伝えた。

「我々のもとでアラバは中盤の選手としてプレイしているが、バイエルンではディフェンスだ。おそらくそれが少々問題を発生させてしまった」

一方で「彼が早い時間であのミドルシュートを決めていれば、疑問を呈すこともなかったんだ。今日もアラバが素晴らしいテクニックを持っていることはわかったしね」とも述べた。

オーストリアにとってアラバは数少ないビッグクラブでプレイする貴重なタレントだ。それだけに肩にのしかかるプレッシャーは大きく、試合に勝てるかどうかはアラバのパフォーマンスに大きく影響されるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ