アストン・ヴィラの降格が決まった夜、キャプテンはホテルで女性とドンチャン騒ぎ

悲しさや怒りを通り越して呆れるサポーターも……

悲しさや怒りを通り越して呆れるサポーターも……

アストン・ヴィラでキャプテンを務めるアグボンラホール photo/Getty Images

16日にプレミアリーグ第34節でマンチェスター・ユナイテッドとアストン・ヴィラが対戦した。アストン・ヴィラは、降格がかかったこの試合で得点を決めることができず、1-0でユナイテッドに敗戦してしまった。これにより、来季同クラブは29年ぶりに2部リーグでの戦いを強いられることとなった。

降格が決まりクラブが悲しみに包まれる中、ハメを外していた選手がいたと英紙『THE Sun』が報じている。その選手とは、元イングランド代表でもあり同クラブのキャプテンを務めるガブリエル・アグボンラホールであった。彼は先日、水タバコの使用が発覚しクラブから謹慎を言い渡されており、3月19日に行われた第31節のスウォンジー戦以降欠場していた。

同紙によると、アストン・ヴィラの降格が決まった日の夜、アグボンラホールは友人と2人の女性ファンとホテルの一室に入室し、飲酒と笑気ガス使用でドンチャン騒ぎをしていたようだ。そしてこの時の写真がSNSに投稿され、これを見たアストン・ヴィラのサポーターは「この行為はヴィラファンを大いに侮辱している」「もし私が降格したチームのキャプテンだったら、恥ずかしさから身を隠すだろう」と批難が殺到した。

自分が所属するクラブの降格が決まるかも知れない日に、ましてや謹慎中のキャプテンがこのような行為をするなど言語道断。今後、アグボンラホールにはクラブからさらに重い処罰が下されることとなるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ