スーパースターだけじゃなかった! MLSで輝く若き才能、そして日本人選手たち

スーパースター招聘の戦略で注目を集めたMLS

スーパースター招聘の戦略で注目を集めたMLS

レッドブルズへやってきたティエリ・アンリ photo/Getty Images

今やアメリカ第5のスポーツとしての地位を確立しつつあるメジャーリーグサッカー(MLS)。近年は、スター選手を獲得するための「特別指定選手制度」の導入により、移籍市場でもサッカーファンを驚かせる話題を提供し続けてきた。2007年のデイビッド・ベッカム(ロサンゼルス・ギャラクシー)に始まり、アーセナルとバルセロナで得点を量産したフランスの英雄ティエリ・アンリ(ニューヨーク・レッドブルズ)、ドイツ代表の中核を担ったトルステン・フリンクス(トロントFC)、プレミアリーグで150以上のゴールを挙げたロビー・キーン(ロサンゼルス・ギャラクシー)など、話題となった移籍は枚挙に暇がない。

昨季は新たなチームとしてリーグに加わったオーランド・シティSCに、バロンドール受賞経歴を持つカカーが加入。同じく新参チームのニューヨーク・シティFCは、2010年W杯得点王のダビド・ビジャ、究極の万能型MFフランク・ランパード、世界最高のレジスタと賞されるアンドレア・ピルロらを迎えた。他にもスティーブン・ジェラード(ロサンゼルス・ギャラクシー)もいれば、ディディエ・ドログバ(モントリオール・インパクト)もいる。さらに今季は、中盤の潰し屋として名を馳せるナイジェル・デ・ヨング、イングランド最高のサイドバックと言われたアシュリー・コール(ともにロサンゼルス・ギャラクシー)らも名を連ねた。これらビッグネームの存在は、MLSの最大のセールスポイントと言えるだろう。

↗︎続きはRedBull.comで

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ