MLSクラブ、その“現在進行形”のダイナミックな面白さ

今なお地殻変動中!2018年には24クラブとなるMLS

今なお地殻変動中!2018年には24クラブとなるMLS

ついに開幕を迎えたMLS

いよいよタイトルレースがスタートしたメジャーリーグサッカー(MLS)。今季もイースタン・カンファレンス、ウェスタン・カンファレンス合わせて20のクラブが鎬を削る。参加クラブは以下の通りだ。

●イースタン・カンファレンス
シカゴ・ファイアー(シカゴ)
コロンバス・クルー(コロンバス)
D.C.ユナイテッド(ワシントンD.C.)
フィラデルフィア・ユニオン(フィラデルフィア)
モントリオール・インパクト(モントリオール)
ニューイングランド・レボリューション(ボストン)
ニューヨーク・シティFC(ニューヨーク)
ニューヨーク・レッドブルズ(ニューヨーク)
オーランド・シティSC(オーランド)
トロントFC(トロント)

●ウェスタン・カンファレンス
コロラド・ラピッズ(デンバー)
FCダラス(ダラス)
ヒューストン・ダイナモ(ヒューストン)
ロサンゼルス・ギャラクシー(ロサンゼルス)
ポートランド・ティンバーズ(ポートランド)
レアル・ソルトレイク(ソルトレイクシティ)
サンノゼ・アースクエイクス(サンノゼ)
シアトル・サウンダーズFC(シアトル)
スポルティング・カンザスシティ(カンザスシティ)
バンクーバー・ホワイトキャップス(バンクーバー)

※カッコ内はホームタウン

来季にはアトランタ・ユナイテッドFC、ロサンゼルスFCが加わり22クラブに。そして2018年にはミネソタ・ユナイテッドFCと、デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるマイアミの新クラブ(正式名称は未定。マイアミ・ベッカム・ユナイテッドなどと呼ばれている)が加わり、24クラブになる予定だ。このように次々と新規クラブが参戦していることからわかるように、MLSのリーグとしての形はいまだ定まらず、新陳代謝を繰り返しているところだ。無理もないだろう。何しろ、もっとも古いクラブでも1995年創設なのだから。サンノゼ・アースクエイクスやシアトル・サウンダーズは同名のチームがかつて存在したが、現在のチームとは名前が同じというだけで、直接の繋がりはない。しかし、若いからこその面白さがMLSのクラブにはある。

↗︎続きはRedBull.comで

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ