思い返せば悪いことだらけ? レアルの最悪な2015年を振り返る

悪い出来事目白押し

悪い出来事目白押し

来年はより良い1年となるか photo/Getty Images

カルロ・アンチェロッティの退任、新指揮官ラファエル・ベニテスと選手の衝突、ダビド・デ・ヘアを巡るマンチェスター・ユナイテッドとの揉め事など、2015年のレアル・マドリードは何かと苦しいことが多い1年だった。スペイン『マルカ』はこの1年を暗黒の1年だったと伝え、様々な出来事を振り返っている。

始まりは今年1月のバレンシア戦に敗れてからだ。それまでのペースが狂い、コパ・デル・レイも敗退、さらに2月上旬にはアトレティコ・マドリード相手に0-4の敗北を喫するなど、悲惨な時期となった。しかもアトレティコ戦の直後にはクリスティアーノ・ロナウドの誕生日パーティーが派手に行われ、敗戦後の振る舞いとして正しくないとバッシングを受けることになった。

5月にはユヴェントスへ移籍したFWアルバロ・モラタにチャンピオンズリーグ決勝進出を阻まれ、アンチェロッティも解任された。選手たちの中にはアンチェロッティの解任に異議を唱える者もおり、新任のラファエル・ベニテスは歓迎されていたとは言えない。1ヶ月後にはDFセルヒオ・ラモスの契約延長を巡る騒動もあり、落ち着かないシーズンオフとなった。

そして7月にクラブのレジェンドであるイケル・カシージャスが退団、その後釜にと狙ったダビド・デ・ヘアは結局捕まえきれず、世にも珍しい形で守護神がケイロル・ナバスに決まった。

11月にはFWカリム・ベンゼマが警察に拘束される事態が起こり、クラシコでも0-4と大敗を喫した。クラブはサポーターからの信頼を失い、今もその流れは続いている。

レアルはこの負の連鎖を断ち切って2016年を良い1年にすることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ