「所属クラブでプレイしていない選手は……」ベルギー代表監督がフェライニに移籍の勧め

期待しているだけに

マンチェスター・ユナイテッドで出場機会を減らすMFマルアン・フェライニに代表監督から移籍の勧めが出た。

「所属クラブでプレイしていない選手は監督を困らせるものだ。フェライニは守備的ボランチの位置で攻撃をサポートすることができる選手。彼は技術的に優れているし、相手を追いかけてボールを奪う能力もある。可能であれば彼は1月に新しいチャレンジを探すことになるだろうね」

ベルギー代表を率いるマルク・ヴィルモッツ監督はベルギー『ル・ソワール』のインタビューに対してそう話した。今夏モルガン・シュナイデルラン、バスティアン・シュヴァインシュタイガーといった中盤の選手が加わったマンUで、フェライニはリーグ戦で1試合しか先発していない。13日のイタリア戦(3-1でベルギーが勝利)のメンバーからも外されており、来年のユーロ本大会への参加が危ぶまれている。

ベルギーは現在FIFAランキングのトップに立つ強豪国であり、もはや名門に所属しているだけでは招集されない状況だ。ヴィルモッツが移籍を勧めたのは、フェライニに期待していることの裏返しであるともいえるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ