「本当に怖かった……」 頭部強打で意識を失い救急搬送されたトーレスがSNSで無事を報告

心配してくれたみんなに感謝

心配してくれたみんなに感謝

SNSで無事を報告したトーレス photo/Getty Images

2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節デポルティボ戦で、救急搬送されていたアトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが自身の無事を報告した。

1-1のドローで終わったデポルティボ戦で65分から途中出場したトーレス。試合終盤に浮き球を処理しようとした際、背後からきた相手選手と激しく接触すると、頭部を地面に強打し意識を失う。担架で運び出され、すぐさま病院へ救急搬送されることとなった。

検査の結果、脳への異常はなく、意識も無事に取り戻したトーレスは自身のTwitterを更新。「多くの励ましのメッセージや僕を心配してくれたみんなに感謝しているよ。本当に怖かった。早く復帰できることを願っている」と綴っている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ