たとえ”お金目当て”でも中国移籍はアリ? イニエスタ「彼らの判断はリスペクトされるべき」

gettyimages-627369894-compressor

バルセロナのイニエスタ photo/Getty Images

テベスやオスカルの判断も理解

ブラジル代表MFオスカルがチェルシーから中国の上海上港へ、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスも上海申花へ移籍するなど、最近は中国の動きが目立つ。特にテベスは世界最高の週給72万ユーロを受け取ると言われており、お金の力をフルに活かした爆買いが続いている。

こうした移籍には「お金目当て」との印象もあり、オスカルやテベスの決断には否定的な意見も出ている。中でもオスカルは25歳と若く、チェルシーを退団しても欧州のビッグクラブでプレイするだけの実力はあったはずだ。それだけに今回の判断を残念に思っているサッカーファンもいるだろう。

しかし、バルセロナMFアンドレス・イニエスタは中国移籍の決断を尊重すべきと語っている。英『Squawka』によると、イニエスタは「みんなそれぞれの未来があり、彼らの決断だ。それはリスペクトされるべきだよ。みんな欲望や、それぞれの意見があるのだからね」とコメントしており、お金目当てだったとしても尊重されるべきとの見方を示している。

今後も中国は信じられないような金額を使ってスター選手の獲得に動くだろう。欧州のビッグクラブも中国の動きを無視できなくなってきたが、選手の中国移籍もノーマルな判断として受け入れていくべき時なのかもしれない。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.181 欧州で闘うサムライフットボーラーの現在地

代えがきかない存在感 ブンデス参戦組が得た自信と充実/再認識される岡崎、吉田の存在価値 プレミアのサムライは今季こそ輝ける/日本代表にも新たな刺激を与える海外組のキーマンはこの7人/不屈の男・長友! ピオリ新政権でもポジション奪回なるか/本田は今冬にチームを変えるべき 清武&香川も現状打破が必要

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ