マンU退団濃厚のメンフィス・デパイ 母国での水タバコ喫煙が発覚

現指揮官は既に退団を容認

現指揮官は既に退団を容認

イメージダウンが心配されるデパイ(写真手前) photo/Getty Images

今季のプレミアリーグで1試合も先発出場しておらず、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が退団を容認するなど、去就が注目されているメンフィス・デパイ。そんな同選手が、自身のイメージダウンにつながりかねない行為をしてしまったようだ。

同選手が母国オランダの高級バーで水タバコを喫煙したと、英『THE Sun』が伝えている。また、英国心臓財団によると、水タバコには有害物質のニコチンが含まれているほか、水タバコ喫煙の際に吸い込む煙の量は、紙巻タバコ200本分に相当するとされており、アスリートにとって有害であることは間違いないだろう。

現在、エヴァートンやローマへの移籍の噂が囁かれている同選手だが、今回の一件が同選手のイメージやキャリアにどのような影響を与えるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ