「ここまでやるとは……」 ”世界最高の男”C・ロナウドも鹿島のパフォーマンスにビックリ

YOKOHAMA, JAPAN - DECEMBER 18: Golden boot winner Cristiano Ronaldo of Real Madrid(C) and 2nd place Luka Modric of Real Madrid(R) and 3rd place Gaku Shibasaki of Kashima Antlers(L) pose for photos end of the FIFA Club World Cup final match between Real Madrid and Kashima Antlers at International Stadium Yokohama on December 18, 2016 in Yokohama, Japan.  (Photo by Masterpress/Getty Images)

優勝を喜ぶロナウド photo/Getty Images

予想以上に苦しむ結果に

18日にクラブワールドカップ決勝で鹿島アントラーズと対戦したレアル・マドリードは、序盤少し気の抜けたようなところがあった。鹿島を甘く見ていたわけではないだろうが、早い時間帯に先制点を奪ったこともあって緩んでしまったところがあったかもしれない。結果的に鹿島にそこを突かれて一時はリードを許す展開となり、欧州王者が慌てるシーンもあった。これには延長戦の2得点を含むハットトリックでチームを救ったクリスティアーノ・ロナウドも驚いたようだ。

米『ESPN』によると、ロナウドは「僕たちは鹿島がこれほど上手くプレイするとは予想していなかったよ。ただ、決勝とはこういうものでもある。苦しまないといけないんだ。このタイトルを欲していたし、ベストな形で1年を締め括れてとてもハッピーだよ」とコメント。鹿島の健闘を称えている。

最終的には延長戦で豪快な2ゴールを叩き込んだものの、ロナウドが昌子源を含む鹿島の守備陣に手こずっていたのは間違いない。ボールが足につかないなど本調子ではないと思わせられるシーンもあったが、鹿島のチーム全体での守備がこれほどしつこいとはロナウドも想像していなかったかもしれない。

攻撃面でもMF柴崎岳が2得点を決め、レアルの選手 の表情を変えてみせた。ロナウドも失点直後はイラついたような表情をしていたが、鹿島は確実に欧州王者を苦しめていた。2-4で敗れてしまったものの、鹿島のパフォーマンスはロナウドにも強いインパクトを与えたようだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.181 欧州で闘うサムライフットボーラーの現在地

代えがきかない存在感 ブンデス参戦組が得た自信と充実/再認識される岡崎、吉田の存在価値 プレミアのサムライは今季こそ輝ける/日本代表にも新たな刺激を与える海外組のキーマンはこの7人/不屈の男・長友! ピオリ新政権でもポジション奪回なるか/本田は今冬にチームを変えるべき 清武&香川も現状打破が必要

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ