[運動神経でクルマは選べ! 176]AUDI A4 allroad quattro

サッカーの世界で戦術、強い国やクラブチームなど、トレンドが生み出されることは多い。自動車の世界も同様で、今クルマの世界は空前のSUVブームである。日本だけでなくこれは世界のトレンドである。

SUVは非常に魅力的なカテゴリーである。ほとんどのモデルが4WDを設定し、車高が高いためにどんな場所へも出かけられる。乗用車としての基本性能も高い。しかし、あまりにも数が増えすぎて、特別感は徐々に薄くなりつつある。また車高がほとんどのモデルで1600mmを大きく超えるので、立体駐車場にいれることもできない。

今月紹介する1台は、SUVと同じ使い方ができ、まだまだ数が少なくてオリジナリティがある「クロスオーバーSUV」というカテゴリーに属するモデルだ。その先駆けとも言えるのがこのアウディのA4オールロードクワトロである。

クロスオーバーSUVとは、ワゴンとSUVをクロスオーバーさせたモデルである。SUVのように車高を上げて、4WDを組み合わせたオフロード色の強いワゴンモデルだ。アウディはクワトロシステムという強力な4WDシステムを持っているが、A4アバントという乗車として完成度の高いステーションワゴンにSUVのエッセンスを注入したのがこのモデルである。車高は1490mmで立体駐車場も問題なし。荷物の積載量も最大1510ℓとSUVに比べて遜色ない。まさに弱点なき遊びのパートナーになってくれるモデルだ。

クルマに乗り込めば、アウディらしい「特別感」に満ちている。スイッチの操作感ひとつとってもこだわって作られるアウディのインテリアは多くのメーカーが模範とする仕上がりだ。多くの部分が主力のA4と共有されているので基本性能が当然高く、乗用車としてのスキもない。普段は街中でお洒落なワゴンとして使えるだろう。そして週末に遊びに出かけるときにはSUVと同じように使うことができる。SUVの購入を考えている人に、ぜひ対抗馬として押したいモデルである。

ではこのモデルは誰をイメージすると理解しやすいだろうか。背が高く頑強でありながら、機動性も持ち合わせたモダン型。しかもまだ若く、可能性に満ち溢れている。RBライプツィヒのCBダヨ・ウパメカノがいい。イメージにぴったりと合致する。

AUDI A4 allroad quattro
寸法4750mm×1840mm×1490mm
(全長×全幅×全高)/
エンジン直列4気筒1984cc/
最高出力:182ps(5000-6000rpm)/
最大トルク:370N・m(1600-4500pm)/
価格6,700,000 問Audi コミュニケーションセンター
0120-598-106

文/iconic

※電子マガジンtheWORLD247号、7月15日配信の記事より転載

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:ALL

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ