「フランスのディフェンスリーダーとしての地位を確立した」 アーセナルの守備の要はついにフランス代表にとっても欠かせない存在に

存在感を発揮しているサリバ photo/Getty Images

ベルギー戦ではルカクを完封

EURO2024ラウンド16でベルギー代表に1-0で勝利を果たしたフランス代表。攻撃陣には不安が残るものの、4試合でわずか1失点の守備陣は今大会屈指のパフォーマンスを見せている。

そんなディフェンスラインの中で存在感を見せているのがアーセナルのウィリアム・サリバだ。ラウンド16のベルギー戦ではロメル・ルカクを完封し、チームの勝利に貢献。この試合のパフォーマンスには多くの称賛が集まっている。

仏『Foot Mercato』はベルギー戦のサリバのパフォーマンスについて、このように評価している。
「大会開始以来、その地位を獲得してきたアーセナルのリーダーは、試合を重ねるごとにますます堅実さを証明している。ロメル・ルカクとのデュエルに送り込まれることも多かったが、アーセナルの選手は、屈強なストライカーとのデュエルのほとんどで優位に立っている。74分の彼の危険なシュートは、フランスに終盤のアドバンテージを与える可能性があった。今夜は本当に興味深い試合だった。彼は、大会の残り期間と将来にわたって、フランスのディフェンスリーダーとしての地位を確立した」

さらに『GFFN』は「フランス代表の試合で、アーセナルの選手がまたもや堅実なパフォーマンスを見せた」とサリバを称賛しており、EUROでのパフォーマンスの高さを評価している。

ここ2年はアーセナルで抜群のパフォーマンスを見せているサリバだが、フランス代表では絶対的な存在にまでは至っていなかった。ディディエ・デシャン代表監督に酷評されることもあった同選手だが、EUROではここまで4試合すべてにスタメンフル出場を果たしている。

アーセナルで世界最高のCBの1人へと成長を遂げたサリバはフランス代表にとっても欠かせない存在になっている。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ