目標はアーセナルを率いてCL優勝 パレスを解雇されたヴィエラがプレミアリーグへの思いを吐露

選手時代、長い手足で次々とボール奪取した photo/Getty Images

リーグ・アンで出直しを図るヴィエラ監督

アーセナルのレジェンドで、現在リーグ・アンのストラスブールの監督を務めるパトリック・ヴィエラが、「もう一度プレミアリーグへ戻りたい」と将来の目標を『The Standard』に語った。

ヴィエラ監督は選手時代、2000年代初期に訪れたアーセナルの黄金期を支えたボランチの選手だった。フランス代表ではW杯とEUROを共に制覇し、選手としては申し分ない実績を残した。

彼は2011年に引退すると2016年から監督としてのキャリアをスタートさせ、米国メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティやリーグ・アンのニースを経て、2021年7月にプレミアリーグのクリスタル・パレスの指揮官に就任した。しかし2022-23シーズンでは公式戦10戦以上未勝利など不振を極め、解雇の憂き目にあっていた。
インタビューで当時を振り返ると「解雇は正しかった」と謙虚に語り、改めて「プレミアリーグは最高のリーグだ。最高の選手やコーチが揃った最も面白いリーグだ」と評価した。そして自身の目標を「かつて自分がプレイしていたチームを率いて、チャンピオンズリーグを戦うこと、そしてタイトルを獲得すること。それが今の私の原動力だ」と語った。

インタビューの最後には「私は失敗した自分を哀れんでいない。それがこの業界では当然のことで、それが私の生きる道だ。経験を積めば、より優れた監督にもなれる」と監督として成功する自信ものぞかせた。

ヴィエラ監督が率いたストラスブールは今シーズン、リーグ戦は13位で、最低限である残留の目標は達成した。このクラブとの契約期間は2026年までであるため、残り2シーズンで、どこまでステップアップしていけるかが当面の課題となるだろう。飛躍はなくとも順当に年々リーグ戦での順位を上げていけば、プレミアリーグの扉は再び開かれるはず。ストラスブールはチェルシーと同じコンソーシアムによって買収されており、その繋がりでこのプレミアリーグのビッグクラブの指揮官に昇進する可能性もゼロではないだろう。再び、彼がプレミアリーグの舞台で輝く日を待ちたい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ