バイエルン退任のトゥヘル監督 マンUと交渉もプレミアリーグ復帰は叶わず

今季限りでバイエルン退任となっていたトゥヘル監督 photo/Getty images

今夏は休暇を望む模様

今季バイエルン・ミュンヘンを退任したトーマス・トゥヘル監督だが、来季はいずれのクラブも率いることなく新シーズンの開幕を迎えることになりそうだ。

イギリス『BBC』によると、トゥヘル監督には、エリック・テン・ハーグ監督の去就が不透明なマンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せていたが、同監督は今夏に休養を取ることを望んでおり、来季からマンUを指揮することに興味を持っていないという。トゥヘル監督は、既にマンUの共同オーナーであるジム・ラトクリフ氏とパリで面談したとも報道されており、就任の可能性もあったが実現はしなかったようだ。

これまでにドルトムントやパリ・サンジェルマン、チェルシーと数多くのビッグクラブを指揮したトゥヘル監督。チェルシー時代にはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、その手腕を大いに発揮していた。しかし昨年3月から指揮したバイエルンでは、昨季はブンデスリーガ優勝に導いたものの、今季は浮き沈みの激しい1年となり、無冠でシーズンを終え、シーズン中に今季限りで退任することが決まっていた。
そんな実績十分のトゥヘル監督には他のビッグクラブが招聘に興味を寄せているとのこと。しかし、同監督は今夏にいずれのクラブも指揮せず、休暇を取ることを優先的に望んでいるようだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ