ルカクにも負けないオペンダの得点力 そこにドク、バカヨコらが絡む新生・ベルギー代表の攻撃力はEURO2024で要注目

ベルギー代表に名を連ねるオペンダ photo/Getty Images

黄金世代の後輩たちも強烈

今季も終盤戦を迎え、欧州サッカー界はEURO2024へ向けた話題も増えてきた。

EURO2024で気になるチームの1つに、黄金世代からの世代交代へと動き出しているベルギー代表が挙げられる。まだFWロメル・ルカク、MFケビン・デ・ブライネら黄金世代を支えてきたタレントは残っているが、エデン・アザールやマルアン・フェライニのように現役を退いた選手もいる。今回のEUROはベルギーにとって新しいスタートだ。

アザールを中心とした黄金世代に比べるとネームバリューは劣るかもしれないが、今のベルギー若手陣にも興味深いタレントがいる。
嬉しい悩みとなるのは、最前線の人選だろう。ローマで今季20ゴールを挙げているルカクは変わることなく代表の1番手FW候補だが、今季はライプツィヒで快速FWロイス・オペンダもリーグ戦24ゴール7アシストと特大のインパクトを残している。ルカクとは異なるタイプのストライカーで、ブンデスリーガでのパフォーマンスを考えればベルギー代表1番手FWになっても不思議はない。

もっともルカクがEURO予選で得点ランク1位となる14ゴールを挙げているため、代表監督のドメニコ・テデスコもさすがにルカクを先発から外すことは出来ないだろう。オペンダはバックアッパーからのスタートとなるかもしれないが、いずれにしても5大リーグで結果を出しているセンターフォワードが複数揃っているのは贅沢な話だ。

そこにアーセナルで結果を出しているレアンドロ・トロサール、マンチェスター・シティの若き仕掛け屋FWジェレミー・ドク、PSVのエールディヴィジ制覇に貢献したヨハン・バカヨコ、アタランタで調子を取り戻したチャールズ・デ・ケテラエルらが絡む攻撃は新たな風を感じさせる。この新世代もかなりの逸材揃いだ。

最終ラインには不安が残るが、アタッカー陣をデ・ブライネが操る攻撃はフィットすれば驚異の破壊力となるだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ