長期政権のリヴァプール 131年の歴史の中で監督の座に就いたのはわずか21人

リヴァプールの監督ユルゲン・クロップphoto/Getty Images

気になるクロップの後釜

今季限りで監督の座を退くことが確定している、リヴァプール指揮官のユルゲン・クロップ。8年間もの間、リヴァプールで指揮を振るった監督の最後に花を持たせるため、リヴァプールはプレミアリーグ優勝に向けて闘志を燃やしている。

リヴァプールは現在、プレミアリーグのチームで最も多くのタイトルを獲得しているチームであり、間違いなく欧州トップレベルのチームである。そんなリヴァプールには現在131年という長い歴史があるが、『SportBuzz』はその中で監督として指揮をとったのはわずか21人だという事実に着目している。

リヴァプールで指揮官を任されれば、高い確率で長期政権になっているということだ。例えばJリーグの浦和は1992年以来、27人の監督が就任している。そう考えると、かなり少ないことがわかるだろう。そこからは、タクトを振るった監督陣の信頼の高さも伺える。
クロップは間違いなくその1人であり、21人の監督の中でも特に素晴らしい成績を残した監督の1人であろう。来季クロップの後釜として、リヴァプールで指揮官を務めるのは誰になるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ