プレミアではATに衝撃の“116ゴール”も決まっていた 長すぎるATで終盤のゴールが急増中 

長いATに各クラブはどう対応するか photo/Getty Images

サッカーの常識も変わる

現在ではアディショナルタイムが正確に計測されるようになり、アディショナルタイムが7分、8分といった光景も珍しいものではなくなってきた。

『ESPN』は、これがサッカーに与える影響は想像以上に大きいと分析する。今季のイングランド・プレミアリーグを見ると、前半アディショナルタイムと後半アディショナルタイムに決まった得点が119ゴールもあるのだ。

同メディアによれば、プレミア過去15シーズンでは2016-17シーズンの103ゴールがアディショナルタイムに決まった最多得点数となっていた。それをすでに16ゴールも上回っていることになり、終盤に得点が生まれるケースが増えている。
選手の交代カードも5枚に増えているため、後半にフレッシュな選手を次々と投入できる。ハーフタイムに思い切ってシステムを変更することも可能で、対戦相手が対応するのは簡単ではないだろう。

終盤にどうゴールを奪うのか。現代の指揮官はこれも計算に入れて動く必要がありそうで、長いアディショナルタイムはサッカーの展開を変えようとしている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ