チェルシーの負傷者リストは再び2桁に 主力DF2名がニューカッスル戦アウトか

副主将チルウェルの再離脱は痛い photo/Getty Images

なかなかスカッドが揃わない

プレミアリーグでボトムハーフの11位に沈むチェルシー。マンチェスター・シティ戦ではドローに持ち込む健闘を見せ、FA杯でも5回戦を勝ち抜くなど復調の兆しも見せたが、リーグ戦ここ5戦で1勝2分2敗という成績を見れば、やはり波に乗り切れているとは言えないようだ。

低迷の原因は負傷者の多さにもあるが、週明けのニューカッスル戦に向けてまたも負傷者リストが膨れ上がったようだ。英『football.london』によれば、副キャプテンである左SBベン・チルウェル、CBのレヴィ・コルウィルが出場できない見込みだ。

チルウェルは前節ブレントフォード戦で膝を痛めたようで、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「専門医の診察が必要」と明言している。さらにコルウィルも足の指を痛めたようだが、同メディアによればこれは軽度なようだ。
さらにMFコナー・ギャラガーがウイルス性の疾患で欠場の見込み。他にもDFリース・ジェイムズ、ウェスレイ・フォファナ、ブノワ・バディアシル、MFレスリー・ウゴチュク、ロメオ・ラヴィア、カーニー・チュクウェメカ、FWクリストファー・エンクンクが引き続き欠場。これで、負傷者リストがまたも2桁となった。

なかなかスカッドが揃わず、苦しい戦いを強いられるチェルシー。終盤にかけて少しでも順位を上げたいところだが、ケガ人続出のチーム状況はポチェッティーノを相変わらず悩ませている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ