メッシ、クリロナをも超える “407ゴール” 過去10年間、5大リーグで最も点を決めた選手とは……

世界最高のストライカーの1 photo/Getty Images

バイエルン時代に量産

英『Daily Mail』は、『transfermarkt』のデータを基に、過去10年間、ヨーロッパの5大リーグで最も点を決めた選手のTOP10について取り上げている。

まず気になるのは現在、世界最高のサッカー選手とも言われるリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの数字だろう。ロナウドは、過去10年間欧州5大リーグの中ではマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、ユヴェントスでプレイ。合計406試合に出場し、350ゴールという結果を残している。

一方のメッシは、バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)でプレイし、合計458試合で驚異的な377ゴールを記録していた。しかし、過去10年間の5大リーグ得点王はこの2人ではない。メッシが2位、ロナウドは3位という結果だ。では、果たして誰が1位なのか。
メッシ、ロナウドを抑えて1位に輝いたのはロベルト・レヴァンドフスキだ。同選手の得点の多くはバイエルン時代に記録されたものであり、リーグで41ゴールを挙げた2020-21シーズンを含め、5年連続で得点王に輝くなど得点を量産。今季は苦戦しているレヴァンドフスキだが、昨季はラ・リーガでも得点王に輝き、過去10年間で478試合に出場し合計407ゴールを記録している。

出場試合数の違いや、ポジションやチームでの役割によって変わってくるが、過去10年間、レヴァンドフスキがいかに世界最高のストライカーの1人として得点を量産してきたかがわかる。

1位がレヴァンドフスキ、2位がメッシ、3位がロナウドという結果になった過去10年間の5大リーグの得点記録。TOP10は下記の通りという結果となった。

1位:ロベルト・レヴァンドフスキ(407ゴール/478試合)
2位:リオネル・メッシ(377ゴール/458試合)
3位:クリスティアーノ・ロナウド(350ゴール/406試合)
4位:ハリー・ケイン(309ゴール/453試合)
5位:キリアン・ムバッペ(271ゴール/352試合)
6位:カリム・ベンゼマ(257ゴール/442試合)
7位:ピエール・エメリク・オバメヤン(256ゴール/430試合)
8位:モハメド・サラー(250ゴール/461試合)
9位:ルイス・スアレス(241ゴール/388試合)
10位:チーロ・インモービレ(239ゴール/409試合)

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ