ヘンダーソンがアヤックスで酷評されている「クオリティがゼロ」「バックパスするだけだ」

新天地アヤックスでも苦労しているようだ photo/Getty Images

ファン・デル・ファールト氏が手厳しい

サウジアラビアのアル・イテファクからエールディヴィジのアヤックスにやってきたMFジョーダン・ヘンダーソン。約半年での欧州復帰となったが、どうやら新天地でもうまくいっていないようだ。

2-2で引き分けたナイメーヘン戦ではキャプテンマークを巻いて先発したヘンダーソン。しかし、次のAZ戦ではベンチに下がってしまった。ヨン・ファント・シップ暫定監督はAZ戦で3バックに変更し、ヘンダーソンを先発から外したのだった。

ヘンダーソンは、クラブレジェンドのラファエル・ファン・デル・ファールト氏を含むファンをまだ納得させていないと英『THE Sun』は報じている。同氏はヘンダーソンを散々に酷評した。
「アヤックスはクオリティがゼロの選手を連れてきた。クラブはこれから、シーズンの残りをどうやって見送っていくべきだろう」

「彼らはジョーダン・ヘンダーソンを連れてきた。彼がやることは、ワイドに少しパスアウトするか、少しバックパスするだけだ。それでは誰も満足しないだろう」

未だゴールもアシストもないヘンダーソン。イングランドを出てからというもの、このベテランMFのキャリアは急速に下降しているように思える。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ