成績不振のバイエルン シーズン終了後のトゥヘル監督退任を発表

今季終了後の退任が発表されたトゥへル監督 photo/Getty Images

残っていた契約を1年前倒しての退任

バイエルン・ミュンヘンのトーマス・トゥヘル監督が今シーズン限りで退任する。独『Bild』が伝えている。

現在、バイエルン・ミュンヘンは公式戦3連敗中。ブンデスリーガでは首位レヴァークーゼンに8ポイント差をつけられ、今季のリーグ優勝が難しくなったなか、クラブは2025年6月30日まで結んでいた契約を1年前倒しして、トゥヘル監督の退任を決めた。

『Bild』によると、ここ数日間行われたバイエルン・ミュンヘンの首脳陣の議論により、今シーズン終了後のトゥヘル監督の退任を決定したという。21日朝(現地時間)に、クラブは公式にトゥヘルの退任を発表した。
バイエルン・ミュンヘンCEO、ヤン・クリスチャン・ドレーセン氏とトゥヘル監督は声明を発表している。声明は以下の通りだ。

バイエルン・ミュンヘン ヤン・クリスチャン・ドレーセンCEO
「私たちはオープンで良い対話のなか今季終了後に契約を終了するという決定に至った。私たちの目標は、2024/25シーズンに向けて新しい監督のもとでチームの再編成を行うことだ。それまでは、クラブのすべてのスタッフがチャンピオンズリーグとブンデスリーガで可能な限り挑戦する。私はチームの責任も明確に負っている。チャンピオンズリーグのラツィオとのファーストレグでは0対1で敗れた。満員のホーム、「アリアンツ・アレーナ」でファンの応援を受け、準々決勝に進出できると確信している」

トゥヘル監督
「今シーズン終了後にクラブを退任することに合意した。退任まで、私とコーチングチームはクラブが最大限の成功を収めるために、全力を尽くします」

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ