「ハムストリングに痛みがある」 ブレントフォード戦出番なしの司令塔デ・ブライネについて指揮官が説明

この試合ベンチに座っていたデ・ブライネ photo/Getty Images

重症ではない模様

プレミアリーグ第18節の延期分として21日にブレントフォードと対戦したマンチェスター・シティ。

試合は71分にFWフリアン・アルバレスのパスから抜け出したFWアーリング・ハーランドがGKとの一対一を冷静に決め、1-0で勝利を収めた。この勝利で勝ち点56まで伸ばしたシティは首位のリヴァプールと勝ち点1差まで迫り、2位に浮上した。

しかし、この試合で注目を集めた1つがベンチスタートとなり、最後まで出場がなかったMFケビン・デ・ブライネだ。復帰後出場時間を調整しながら様子を見せていた同選手は最近はフル出場もしており、完全復活までもう少しだと考えられていた。
この試合も後半の途中から出場するかと思われていたが、最後まで出場しなかったデ・ブライネの状況を試合後に指揮官のペップ・グアルディオラが説明している。

「ハムストリングに痛みがあるため、今日はケビンを使わなかった。彼は大丈夫だ。何よりも注意と予防だ。彼は調子が良くなかったし、医師も少しリスクがあると言っていた。5ヶ月の休養の後、リスクを冒すことはなかった」(英『Daily Mail』より)

ペップはデ・ブライネは再びハムストリングに痛みを感じたため出場しなかったと説明。しかし再発し重症というわけではなく、再び長期離脱するリスクを冒したくなかったようだ。

ここからリーグ戦も優勝争いに向け、さらに激しいゲームが予想され、CLも決勝トーナメントの厳しい戦いが続く。デ・ブライネ不在でも戦えるメンバーはいるが、同選手の存在は大一番では必ず必要になってくる。

今週末にはリーグ戦のボーンマス戦が控えているが、デ・ブライネは再びピッチに戻ってくることはできるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ