クラブのレジェンドとなるか リヴァプール、下部組織出身DF トレント・アレクサンダー・アーノルドに大型契約をオファーか

リヴァプールのA・アーノルド photo/Getty Images

新たに提示された週給はサラー越え

リヴァプールに所属するDFトレント・アレクサンダー・アーノルドはクラブのレジェンドとなるかもしれない。

英メディア『Football Insider』によると、リヴァプールは下部組織出身のDFアレクサンダー・アーノルドに新たな長期契約をオファーするようだ。A・アーノルドはリヴァプールの将来を担うDFとして、同クラブのオーナーが最も長期契約を結びたい選手だという。FWモハメド・サラーとDFフィルジル・ファン・ダイクもリヴァプールが新契約を結びたい選手だが、ユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任するため、残留するかどうかは不透明のようだ。

そんな長期契約が望まれるA・アーノルドだが、現在の契約は2025年までであり、リヴァプールとの契約は残り18カ月で切れる模様。そんな中、オファーされた今回の新契約は週給が現在の18万ポンドから大幅に増額され、クラブのトッププレイヤーであるサラーの週給を上回る大型契約となるようだ。
現在25歳のアーノルドはここ数年、リヴァプールの中心選手であり、このポジションでは世界最高の選手との呼び声も高い。実際にリヴァプールでは通算218試合に出場し、すでに14ゴール57アシストを記録しており、能力の高さは疑いようがない。

下部組織出身のA・アーノルドが長年アンフィールドにいることをリヴァプールのサポーターが強く望んでいることは間違いないが、果たして契約は無事に結ばれるのだろうか。今後の動向に注視したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ