バイエルンはバルサDFアラウホの獲得を諦めない? 守備の立て直しを図りたいドイツ王者は”1億ユーロ”を用意か

バイエルンが獲得を熱望するアラウホ photo/Getty Images

バルサは新契約締結を目指す

バイエルンはバルセロナに所属するウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(24)の獲得を狙っているとされている。

バイエルンの同選手への関心は以前から報道されていたが、バルセロナはアラウホを売却する意思はないと考えられている。そんななか、スペイン『SPORT』によると、バイエルンは獲得を諦めておらず、財政難であるバルセロナの状況を考えて多額の資金を用意して獲得を試みようとしているようだ。

バイエルンは夏の移籍でアラウホを獲得するためのあらゆる戦略を考えているようであり、1億ユーロ(160億円)ものオファーを検討しているとのこと。バイエルン指揮官のトゥヘルは守備の問題を解決したいと考えており、アラウホ獲得は自身のプロジェクトに欠かせないと考えている。
しかし、バルセロナはアラウホを売却する意思はなく、スペイン『MUNDODEPORTIVO』によれば2026年までの契約となっているアラウホとの新契約締結に動いているようだ。さらにバルセロナは財政難の状況ではあるが、アラウホの残留を最優先事項と考えているようであり、バイエルンからの関心を拒絶しているとのこと。

なんとしてでも獲得したいバイエルンと、絶対に売却したくないバルセロナという対立した構図にはなっているが、アラウホの夏の去就には引き続き注目が集まる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ