《8試合で9ゴール》のリシャルリソン エース・ソン不在の中、スパーズのストライカーの覚醒が止まらない

古巣相手に2ゴールをマークした photo/Getty Images

プレミア10得点に到達

プレミアリーグ第23節のエヴァートン戦でも素晴らしい活躍を見せたブラジル代表FWリシャルリソン。

この試合は結果的に後半ATにエヴァートンDFジャラッド・ブランスウェイトに得点を許してしまい、2-2の引き分けに終わったが、この試合で2ゴールを挙げたリシャルリソンのパフォーマンスは際立っていた。

英『Daily Mail』はこの試合で、両チームトップの「8点」をリシャルリソンにつけており、「印象的な2ゴールで古巣に足りないものを見せつけ、ピッチ上で最高の選手だった」と同選手のパフォーマンスを称賛している
昨季はフィジカル的にも精神的にも問題があり本来のパフォーマンスを発揮できていなかったリシャルリソン。批判の的にもなっていた男がついにゴール量産体制に入りつつある。

昨季からの復活を誓った今シーズンだったが、プレミアリーグでは開幕から12試合の出場で1ゴールとなっていた。しかし、その後8試合の出場で9ゴールをマーク。リーグ戦直近4試合で連続得点中であり、この間に5点をマークしている。

1月は、ここまでリーグ戦12ゴールをマークしているエースのFWソン・フンミンがアジアカップで離脱するため攻撃力が心配されたが、このタイミングでストライカーが覚醒しているのはトッテナムにとって嬉しい限りだ。

この試合の2得点で今季プレミアリーグ10ゴール目に到達したリシャルリソン。完全復活を果たしたスパーズのストライカーがどこまで得点を量産するのか注目だ。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ