“DMナンパ”がすべての始まり!? デ・ブライネが明かした妻との“照れ臭い”馴れ初め

家族とともにリーグ優勝の喜びを分かち合うデ・ブライネ photo/Getty Images

家族の存在は非常に大きい

マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネが、ミシェル・ラクロワ夫人との“照れ臭い”馴れ初めを明かした。

英『DAILY STAR』によると、2人の出会いはデ・ブライネがブレーメンにレンタル中だった2013年ごろ。キッカケはとあるツイートからで、デ・ブライネは当時のことを「フォロワーは数千人しかいなかった。そこで試合についてツイートしたら、可愛い女の子が『いいね』をくれたんだ」と振り返っている。

さらに「当時、僕は独身。友人が『きれいな女性だね。メッセージを送った方がいいんじゃないか』と言ってきたんだ」と続けたデ・ブライネ。ただ、もともと内気だったようで、この話から逃げようと「人々はまだ僕のことを知らないだろうし、彼女からも返事なんてこないよ」と答えたようだ。
しかし、友人は止まらない。デ・ブライネから携帯電話を奪い取ると、メッセージを打ち始める。そして、携帯電話の画面を見せながら「送信ボタンを押していいか」と言ってきた。デ・ブライネは床に座って縮こまっていたようだが、なぜか「わかったよ、送って」と同意。のちに、ラクロワ夫人がDMを返したことで、無事交際に発展した。“DMナンパ”がすべての始まりだったという。

結果的に、DMを送って正解だっただろう。デ・ブライネは「ビッグプレイヤーになることは予想していたけど、未来の妻になる人へDMを送ることはできなかったんだ。勇気がなかったんだ。彼女は多くの点で僕の人生を変えてくれた。正直に言って、彼女なしでは僕はどうなっていたかわからない」と締めくくっている。

そんなデ・ブライネも2017年に結婚し、今では3人の子宝に恵まれている。近年は怪我に悩まされることが多々あるだけに、家族の存在は非常に大きいだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ