今季の冨安健洋は《アーセナルNo.1プレイヤー》と言っても問題なし? 「サイドの脅威を無力化する能力」に大絶賛

アーセナルで活躍する冨安 photo/Getty Images

今季は左右のサイドバックで大活躍

現在プレミアリーグでは首位に立ち、チャンピオンズリーグもグループステージ通過を決めるなど充実の戦いを見せるアーセナル。そんなチームで今季最高の活躍を見せている選手は誰だろうか。

攻撃陣ならば頼もしい存在となったブカヨ・サカ、中盤の新戦力であるデクラン・ライスらも候補となるだろうが、アーセナル専門メディア『Just Arsenal』はその候補者の1人に日本代表DF冨安健洋の名前も挙げている。

冨安は29日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のRCランス戦に右サイドバックとして先発し、2アシストの活躍を披露している。今季は左右両方のサイドバックとして重要な働きを続けており、今季のチームNo.1プレイヤー候補に浮上するのも納得できる。
同サイトは「サイドバックとしてもセンターバックとしても、冨安の多才さと守備の洞察力は非常に貴重だ。サイドの脅威を無力化する彼の能力は、 チームにとって貴重なものだ」と冨安の働きを絶賛する。

同サイトは攻撃陣からサカ、ガブリエウ・マルティネッリ、中盤からライスとトーマス・パルティ、マルティン・ウーデゴー、守備陣からは冨安とガブリエウ・マガリャンイスの名前を挙げているが、この中では冨安もNo.1候補に近いと言ってもいいのではないか。それほど今季ここまでの冨安は印象的だ。

昨季まで続いた怪我の問題も安定しており、着実に評価は高まっている。今季の冨安はチームに欠かせない特別な選手と言えよう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ