176cmの名DFカンナバーロのような選手はもう出てこない? 「背が高くて、パワーがあって速くなければプレイできない」

イタリア代表を長く支えたカンナバーロ photo/Getty Images

個性的な選手は減っている?

2006年にはアズーリの絶対的リーダーとしてワールドカップ制覇に貢献し、バロンドールも受賞した元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ。

全盛期のカンナバーロは読みの鋭さ、1対1の強さなど、すべてにおいてハイレベルなセンターバックだった。イタリアのみならず、世界を代表するレジェンドDFだ。

ただ、現代ではカンナバーロのようなセンターバックはなかなか出てこないかもしれない。実力もそうだが、カンナバーロは176cmとあまり背が高くない。センターバックとしては小柄な方だ。
伊『Calciomercato』によると、カンナバーロは現代サッカーが身体能力を重視しすぎているのではないかと懸念を示している。現代では190cmを超え、なおかつスピードもあるDFが増えている。たとえ読みが鋭くても、身体能力やサイズがなければスタメンに入りづらいところがあるのだ。

「現代のサッカーは、ごくごく少数者のためのスポーツになりつつある。背が高くて、パワーがあって速くなければプレイすることができない。データのおかげで、そうしたタイプのサッカー選手が好まれる。他の選手はすべて切り捨てられるんだよ」

身体能力がすべてではないはずだが、現代ではゲームスピードも飛躍的に上がっている。DFだけでなく、かつてのサッカー界を盛り上げたファンタジスタ系の選手もほとんど出てこない。身体能力の進化とともにサッカーも進化しているのは確かだが、個性的な選手が減っているところはあるかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ