センターFWで際立った存在感 今冬加入で7ゴールと結果を残したガクポの来季に期待

ガクポの活躍に期待だ photo/Getty Images

セインツ戦は途中出場から1得点

プレミアリーグ第38節でリヴァプールは、サウサンプトンと対戦。4-4のドローでシーズンを終了した。チームの3点目を決めた男は、今冬に加入して大きな成長を見せている。

序盤に2点をリードしていたリヴァプールだが、前半のうちに同点に追いつかれて2-2で折り返す。さらに47分、64分にもゴールを決められてしまい、リヴァプールは最下位相手に2-4とリードされる苦しい展開となった。

それでも72分、右サイドからトレント・アレクサンダー・アーノルドの折り返しに合わせたのは途中出場のコーディ・ガクポ。彼のゴールで1点差に追い上げると、すぐに追加点を決めて同点とした。

加入当初はウイングでの起用で存在感を放ったガクポは、その後センターFWで起用され、ポストプレイや抜け出しなどを巧みにこなして初年度からリーグ戦21試合7ゴールを記録。今冬にチームに加入してチームに貢献したストライカーは来季、リヴァプールでどんな姿を見せてくれるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ