「実力はメッシ、ロナウド、ハーランド、ムバッペのすぐ後ろ」 仏で蘇ったA・サンチェスの実力は凄かった

マルセイユで活躍するサンチェス photo/Getty Images

34歳の今もテクニックに衰えはなし

マンチェスター・ユナイテッドでは全くと言っていいほど実力を発揮できず、その後移籍したインテルではロメル・ルカク&ラウタロ・マルティネスに次ぐ3番手の立ち位置になるど、近年はチリ代表FWアレクシス・サンチェスの評価が揺れてきた。年齢的にピークを過ぎたとの見方もあっただろう。

だが、今季のサンチェスは一味も二味も違う。34歳を迎えたサンチェスは今季よりフランス1部のマルセイユでプレイしており、ここまでリーグ戦14ゴールと絶好調なのだ。

意外かもしれないが、サンチェスがリーグで二桁得点を挙げるのはアーセナル時代の2016-17シーズン(24ゴール)以来となる。マンU、インテルでは一桁得点が続いており、思うように数字を上げられなかった。
それでも、バルセロナやアーセナルで活躍してきた実力は本物だ。チームを指揮するイゴール・トゥドールも、サンチェスの実力をワールドクラスだと絶賛する。

「サンチェスは我々にとって重要な選手だ。彼のいるマルセイユと、いないマルセイユは違う。彼は別レベルの選手だ。普段の彼は普通の人で、とても謙虚だ。スーパースターのように振る舞うわけではない。それでも実力はメッシ、ロナウド、ハーランド、ムバッペのすぐ後ろにいる。そのクオリティゆえにかけがえのない選手だ」(仏『Foot365』より)。

34歳の今もサンチェスはチリにとって特別なプレイヤーであり、同国史上最高の選手の1人で間違いない。マルセイユではその能力を存分に発揮しており、アーセナルを離れて以降では最高の場所を見つけたようだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ