開幕戦はトップ下でFC東京の先制点を創出 安部柊斗はアルベルスタイルでさらなる輝きを放つ

安部のさらなる活躍に期待だ photo/Getty Images

1点目のオウンゴールを誘発

J1第1節でFC東京は浦和レッズと対戦。アルベル監督2年目を迎え、内容だけでなく結果が求められる今季、浦和に2ゴールで白星スタートを切った。チームの流れを呼び込んだ男が安部柊斗だろう。

新加入の小泉慶がインサイドハーフに入り、安部はサブからのスタートとなった。スコアレスで折り返した後半開始早々にイエローカードを1枚もらっていた東慶悟に代わって途中出場を果たした。松木が小泉とボランチのコンビを組み、安部がトップ下に入ると、中盤で安定感が増していく。

そして迎えた66分、左サイドのポケットへ進入した安部が松崎快をかわして中央へ折り返す。ボールは小泉佳穂に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールで今季のファーストゴールを創出した。
豊富な運動量と攻撃センスで昨季はインサイドハーフとしてアルベルサッカーの重要な役割を担っていた安部。迎えた今季はベンチからキックオフを見守ることとなり、期する想いはあったことだろう。それを結果という形に変えてチームに大きく貢献した。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ