絶妙ターンでグヴァルディオルを抜きデビュー2戦目で初ゴール “シャルケのニュースター”上月壮一郎は救世主となれるか

上月がブンデス初ゴールを決める photo/Getty Images

ライプツィヒ戦でゴール

ウィンターブレイクでトップチームへと昇格したばかりの日本人プレイヤーが、ドイツの地でゴールネットを揺らした。ブンデスリーガ第17節のライプツィヒ戦で初ゴールを決めた上月壮一郎だ。

上月は吉田麻也とともに先発出場し、右サイドハーフでプレイ。前半から大差を付けられるなど苦しい展開となるが、56分にボールを受けた上月は、絶妙なターンでヨシュコ・グヴァルディオルとマルツェル・ハルステンベルクの間を抜き去り、ゴールを決めてみせた。

試合はライプツィヒが終盤に2ゴールを追加して1-6と大敗を喫してしまったものの、上月は早くも結果を残してチームにアピールした。FIFAワールドカップ・カタール大会の中断中にU-23からトップチームへの契約を勝ち取り、ブンデスリーガ再開初戦となった第16節フランクフルト戦でいきなりの先発デビューを飾った上月。積極的な仕掛けから決定機を作るなどアピールに成功した。
続く2戦目でゴールを決めるなど大きな活躍を見せた上月だが、チームは連敗。さらに大量失点を重ねており、順位も最下位に沈んでいる。シャルケのニュースターは救世主となるべく、次戦は勝利につながる結果を残していきたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ